秋元康に学ぶ、「成功する為に必要なもの」とは。

どーも、

どーも、

MASAです。

記事の更新は超久しぶりになってしまいました。

メルマガの方は定期的に発行しているのですが、
ブログの更新を置いてけぼりにしがちです。。。

ということで、

ふたたび更新頑張ろうと思っている次第です!(多分w)

 

さて、

名プロデューサー秋元康さんの
Google+の投稿がとても心に残ったので
紹介します。

↓↓↓

 

———————————
次の仕事をする前に、
もうひとつだけお話ししておきましょう。
成功するためには、何が必要か?

………運です。

僕はこの38年間、スターと呼ばれる人たちを見て来ました。
僕も何人もプロデュースして来ました。
そこで見たものは、運です。
どんなに実力があっても、運がないとスターにはなれないのです。

じゃあ、努力をしていても無駄なのか?
努力は報われないのか?
そんなことはありません。
努力は必要です。
言い方を変えれば、
努力は成功するための最低条件です。

みんな、必死に努力して、
じっと、チャンスの順番を待つしかないのです。
大ベストセラー「もしドラ」を書いた岩崎夏海は、僕について16年後に成功しました。
僕のドライバーをやっている時も、
ずっと、小説を書いていたんですよ。

いつか、必ず、チャンスの順番が来ると信じなさい。
自分の境遇の悪さだけを嘆いていても始まりません。

頑張れとしか言えないんだ。

———-ココまで———————

 

そしてもう一つ↓

秋元康がAKB48の非選抜メンバーに
贈った言葉

 

————————–
僕がチャンスを作っているのではありません。
僕からのチャンスを待っている間はだめですね。
「私だって選抜に入れば…」
「私だってドラマに出れば…」
「私だってコマーシャルに出れば…」
それがチャンスだと思っているかもしれませんが、それは違います。

それは、チャンスの出口です。
みんなに見つけて欲しいのは、
チャンスの入り口です。

例えば、松井咲子。
彼女のチャンスの入り口は、音大に入ったことです。
趣味の域を越えているから、
代々木でコンサートをやった時、
「ポニーテールとシュシュ」を弾いてもらったのです。

「TEPPEN」にも繋がり、ぐぐたすで、さらにブレイクした

ということです。

アルバムを出すのは、チャンスの出口です。
このアルバムを名刺がわりにどう進むか?です。

選抜も、コマーシャルも、番組も、
僕が一人で決めているわけではありません。
最終決定権は僕にありますが、
いろいろなスタッフの意見を聞きます。
そこに、もっと、いろいろな名前が出て欲しいんですよね。
つまり、松井咲子のような小さな努力や運が見えて来ないんです。

今の自分にできることを考えなさい。

——-ココまで———————–

 

まさに、

【努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る】

ですなー。

この文章を見てから聴く「チャンスの順番」は
なんだか違って聞こえますね。

 

ということでどうぞww

 

—————-
いつか必ず、チャンスの順番が来ると信じなさい。

秋元康
—————–

 

ということで、今日はここまで!

 

PS,,,

あの超名曲、美空ひばりの
「川の流れのように」も秋元康さんが作ったのですが、

なぜあそこまで大ヒットしたかというと、

あのメロディーは演歌でもなく、
ポップスでもなく、、という絶妙なバランスですよね。

あれは、昔からの美空ひばりファンにもウケるし、
新しく演歌ではないファン層にもウケるメロディーを作る。

すると、

「やっぱり美空ひばりいいよね!」

という印象になる。という戦略があったそうです。

恐るべし名プロデューサーです。

 

PS2,,

朝6時ぐらいに起きて
早朝にメールを書いたり
ビジネスをするといいですね。

かなり午前中を有効活用できます。

一度やってみるのをオススメします。

感謝と心をこめて

ありがとうございました

 

MASA

 

 

MASAオフィシャルブログ
http://masa001.com/

メルマガの登録はこちらから
http://masa001.com/freemail

サブコンテンツ