bora01

アジアNo1ビーチにも選ばれた、フィリピンのボラカイ島に行ってみた!

どうも、

社団法人世界南の島研究所、代表理事のMASAです。
(今つくったw)

 

世界中の南の島を追いかけて生きていますが

今回は、「トラベラーズチョイス世界のベストビーチ」にて、No1ビーチにも選ばれたことのある

フィリピンのボラカイ島に行ってきたのでレポートです!

 

 

ボラカイ島って、どんなとこ?

 

”パナイ島の北西に隣接するボラカイ島は、フィリピン有数のリゾート地。島の西側に広がる約4kmのホワイトビーチの砂はまるでミルクのような白さときめ細かさで、夕暮れには真っ白なビーチが赤く染められていくボラカイサンセットも必見。
-「人生を変える南の島々。アジア編〜高城剛著〜」

 

ということでまずはビーチに行ってみました!
bora01

bora02

 

いい感じなリゾート地ですなぁ。

 

ビーチでゴロゴロするためのカフェとか。
bora03

 

この砂のオブジェがすごかったです。
bora04

 

このオブジェはビーチのいたるところにあるのですが、作っているのは10歳前後の少年たち。

 

チップを交渉して支払うと、このオブジェの下あたり希望の名前を入れて作ってくれます。
bora05

 

 

ビーチに沿って道があり、この道沿いにお店が立ち並んでいます!
bora06

 

外国人観光客が多いですが、フィリピン人にも人気のようで、フィリピン人観光客も大勢いました。

 

海には大量の藻が、、、w
bora08

 

藻があると、一気に写真映りが悪くなるので、海の写真は少なめw

 

ボラカイはダイビングも人気です。
bora09

いたるところでダイビングトレーニングをしている団体を見かけました。

 

 

ヨットも多いです。
bora10

 

大量に置いてあるビーチチェアに座り、モヒート飲みながらまったり。
bora11

bora12

 
ドローンで空撮も美しかったです!
ドローンの記事はこちら)

bora13

bora14

bora15

 

ドローン映像は次回あたりに記事書きます。

 

 

ボラカイ島の中心地「Dモール」
bora36
ここのDモールを中心に、ビーチ沿いのお店が広がっています。

 

お土産やさんがずーーっと続いています。
bora37

 

便利なモールです。
bora38

 

どこもかしこも、観光客だらけの観光アイランドなので、治安は他のフィリピンの場所から比べると安全です。

 

 

ボラカイ島のサンセットはとても美しい!

 

この真っ白なホワイトビーチが、どんどん紅く染められていきます。
bora16

 

みんな、サンセットを見ようと人が多く集まってきます。
bora17

 

夕方とはいえ、太陽がダイレクトで当たるのでめっちゃ暑いですw
bora18

 
ヨットと夕日が合わさっていい感じ。
bora19

 
とても美しかったので、滞在中は毎日サンセットを観ていました。
bora20

bora21

bora22

bora22,5

 
日が沈むと、先ほどのボラカイのオブジェにロウソクを入れていい感じにライトアップされています。
bora24
 

夜は大音量の音楽とお店がひしめき合い!

 

暗くなると、お店が次々とクラブモードになります。
bora23

 

 

数十メートルおきに、大音量の音楽がかかってるので、静かな場所がありませんw
bora25

 
お店ごとに個性があり、ファイヤーダンスや生演奏など、見ているだけでも面白いです。
bora26

bora27

bora28

bora29

 

 

マッサージやツアー代理店の客引きも大量にいます。
写真の左下に写ってるコイツは、しつこマッサージの勧誘。
bora30

勧誘を断って街を撮影していたら、何度もこうやって邪魔をしてきますw

どこの国にも性格の悪い奴はいるんだなー(笑)

 

 

ボラカイ島のレストランの食事は、どこも「まーまー」

 

さて、ディナーです。

ビーチ沿いに無数に立ち並ぶレストランは、どこも似たような料理です。

イタリアンのお店、ステーキなどのBBQ系、ビュッフェ形式、たまーに中華料理。

そんな感じのラインナップ。

 
まずは冷えたおビールを。
bora31

 
ここのレストランは、生演奏で歌ってました。
bora32
なんだか、いかにも観光客レストランですが、、、、

 

それはそれで楽しかったですw

 

 

食事は焼いた肉とか
bora33
パエリアとか
bora34
ピザとか
bora35

 

全部、可もなく不可もなくって感じでしたw

フィリピンはそもそも料理のマズイ国で有名なので仕方ないですね。(失礼w)

その分、開放的なリゾートで雰囲気を楽しみましょう!

 

 

ボラカイ島への行き方

日本からボラカイ島へ行くには、飛行機と船を乗り継ぐ方法になります。

 

日本

(飛行機)

マニラ

(飛行機)

カリボ空港 or カティクラン空港

(バス)

カティククラン港

(船)

ボラカイ島
という流れ。

 

では、順を追って説明します。

僕はカリボ空港を利用しました。

 

日本からだと、まずはマニラ空港へ行きます。

 

ターミナル1か2に着いた場合は、トランジット用のバスでターミナル3へ移動する必要があります。

 

ターミナルの見取り図ではこんな感じ。
bora39
図で観て分かる通り、ターミナルが離れています。
しかし、空港内には日本語で乗り継ぎ方法の案内も表示されているので、迷うことなく、促されるままにターミナル3へ行くことができました。
bora40

 

 

マニラの空港は、無茶なフライトスケジュールを詰め込むことで悪名高いですw

 

この時も、出発時刻を3時間ぐらい過ぎでようやく出発でした。
設備がショボいうえに、椅子も少ないので、人で溢れかえってますw
bora41

 

 

おかげでマニラ空港からカリボ空港に着いた頃には真っ暗w
bora42

 
ツアーで申し込んでいたら、空港にお迎えが来ていますが、僕はいつもの通り自己手配なので、予約なしでカティクラン港へのバスチケットを買います。

 

帰りの時に撮影しましたが、バスチケットは空港を出て正面の「south west」という会社のカウンターで買えます。
bora43

 

カティクラン港までは距離があるので、2時間ぐらいのバス旅です。

南国特有の、バス車内は冷房キンキンなので、羽織るものを忘れずに!
カティクラン港到着。
bora44

 

 

港に着いたら、まるでホテルのエントランスみたいなところで、船のチケットをもらいます。
bora45

 

この時に、ボラカイ島のホテルを伝えて、ホテル名が書いたシールを渡されるので服に貼っておきます。
bora46

 

このシールで人を分けるという方法も、南国特有ですw
もう慣れましたw
いざ船へ。
bora47

bora48

 

 

たしか5分ぐらいでボラカイ島に着きます。
めっちゃ早いw
bora49

 
ボラカイ島に着いたら、ホテルまで送ってくれるおっちゃんが待機しているので、胸につけているホテル名のシールを見て、車まで案内してくれます。
これが車の荷台w
bora50

 

 

自己手配で日本からボラカイ島へ行く方法が、あまり情報がなく、なんとなく行ってみましたが、まぁなんとかなりましたw

 

世界的にはかなり有名なリゾート地なので、観光するには不自由ないと思います。

日本人の数はセブ島などから比べたら、まだ全然少ないですね。

リゾート気分を満喫するなら、セブよりもボラカイの方が全然楽しいし、海も圧倒的に美しいのでおすすめです!

 

 

世界中の絶景を空撮する仕事

 

僕は旅が好きなので
普段から日本国内、世界中を旅しています!

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃にパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

今では趣味のドローンを使って空撮するのが
仕事になってきました。

あなたもこのような自由な生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

 

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ