sema22

セブ島からマラパスクア島への行き方(セブ空港のATM SIMカード タクシーの乗り方)

 

まだ手付かずの感じが残る

フィリピンのマラパスクア島。

 

セブ島からバスと船を乗り継ぎ

向かうのが王道ルートなのですが、、

少し行き方が難しいのでここに記載しておきます。

 

また、“悪名高き”

フィリピンセブのぼったくりタクシー

ボッタクられずに正規料金で乗る方法も書きます。

 

 

 

セブ空港でお金をおろしてSIMカードをゲット!

 

セブ空港に到着して

バッケージクレーム
(荷物がグルグル回って受け取るとこ)で

荷物をゲットしたら

セキュリティーエリア外に出ます。

 

 

すると目の前にATMがあります。
sema01

 

VISAカードのキャッシング機能付きなら

難なくおろすことができます。

 

 

お金を降ろせたら、すぐ近くに

SIMカードの看板と共に、スタッフがいます。
sema02

 

 

この時で朝の5時ぐらいでしたが

元気に営業中でした!笑

24時間営業なのかな?
sema03

 

 

ここでサクッとSIMカードを購入して

設定してもらいます。

値段は忘れたけど1000円とか

そんなレベルで安いです。

 

 

 

イエロータクシーではなくホワイトタクシーで!!!!

 

SIMカードをゲットしたら

矢印の方向に進んでタクシー乗り場へ向かいます。
sema04

 

 

外に出てすぐに右です。

するとこんな感じ。
sema05

 

 

あなたには見えているだろうか。。。

カメラを撮っている時点で

こちらを見てカモを待ち構えている

ぼったくりおっさん、オバハン連中の姿を!!笑
sema06

 

 

彼らは、タクシー乗り場につく前から

「ホテル?ホテル?」

「ニホンジーン?」

「タクシー♪」

っと、話しかけてきます。

 

が、

 

彼らには完全無視でいいです。

 

メーターは使わず、いい加減な高額料金を

ふっかけてくるので乗ってはいけません。笑

 

 

そんな彼らをかわしながら進むと
sema07

タクシーが遠くに見えてきました!

 

しかし、

ここで次の難関です。

 

タクシーの色が

イエローとホワイトの2色あるのです。

 

黄色いタクシーは

初乗りが高いのです。

 

一応、黄色いタクシーの方が

確実に目的地まで送ってくれる。という理由で

高いらしいですが、、

ホワイトもイエローもサービスは全く同じです。

 

むしろ、イエロータクシーは

高いという事情を知らない初心者の

旅行者をカモにするので

いい加減なサービスな気がします。

 

なので、イエロータクシーの客引きは

完全に無視しましょう!

 

 

右側に見えるホワイトタクシーの列に向かいます。
sema08

 

すると、ホワイトタクシーの列の先頭に

お客をさばいている警備員的な人がいるので

その人の誘導に任せてタクシーに乗ります。

 

 

目的地を告げて

「メータね!?」

「メーター!メーター!」

っと、

「ワカッタヨ!!」って言われるまで

念を押して伝えておきましょう。

ここ重要です。

 

 

 

セブ島からマラパスクア島の行き方(空港からノースバスターミナル)

sema11

セブ島からマラパスクア島へ行くのは

■セブ空港

↓(タクシー、約15分)

■ノースバスターミナル

↓(バス、約4時間)

■マヤ港

↓(ボート、約40分)

■マラパスクア島

という、乗り継ぎが必要です。

 

トータルで結構時間がかかるので

早朝から向かうのがおすすめ。

僕は朝の5時ぐらいに向かい始めました。

 

では、順を追って解説していきます。

 

 

無事に空港でタクシーに乗れたら

マラパスクア島行きのバスターミナルがある

「ノースバスターミナル」へ向かいます。

 

場所はグーグルマップ上にピンを載せておきました。

空港からタクシーで15分ぐらい。

 

 

ノースバスターミナル。
朝5時なのでまだ暗いです。
sema09

 

 

ターミナルは小さく

ターミナルをぐるっと囲むように

それぞれの行き先のバスが停まっています。
sema10

 

 

売店もあります。
sema12

 

トイレは5ペソでした。

 

 

 

ノースバスターミナルからマヤ港

 

マヤ港行きのバスを探します。

ターミナルの看板にも行き先が書いてますし
sema18

 

 

停まってるバスにも

行き先が書いてあります。
sema13

 

「MAYA」の文字があるので

このバスはマヤ港に行きます。

 

他にも行き先が一緒に書いてありますが

経由地を書いてあるので

「MAYA」の記載があれば

終点のマヤ港まで行ってくれます。

 

 

エアコン付きバスが200ペソ。

エアコン無しは多少安いですが

エアコンが無い代わりに窓を全開にしているので

砂ボコリで死ぬことになりますw

 

絶対にエアコンのバスがオススメ。

 

 

こんな感じで「AIRCON」って書いてあります。
sema14

 

エアコンバスは1〜2時間に一便なので

結構待たされる可能性があります。

 

僕はすぐにバスを見つけてラッキー♪

っと思いきや、、、
sema15

 

ガラッガラなので

人がある程度集まるまで結構待たされました。

 

 

バスはWi-Fi完備という、なぜかそこだけハイテクw
sema16

 

 

車内でチケットを購入して、、
sema17

 

ここからトイレ休憩2回挟みながら

4時間ほどのバスの旅です。

 

車内はエアコンキンキンで寒いです。

 

 

 

マヤ港からマラパスクア島へ

 

マヤ港に着いたら

「マラパスクア?」って聞くと

マラパスクア行きの船を教えてくれます。

 

こんな船に乗ります。
sema19

 

 

バスが到着して

待機していた船にスグ乗れましたが

ここでも、乗客がいっぱいになるまで出発しませんw
sema20

 

 

30分ぐらい待って出発!
sema21

 

100ペソでした。

 

 

船にトイレがありますが

小さな壁で仕切られているだけで

簡単に覗かれてしまいますw
sema25

 

 

40分ぐらい船に揺られ

マラパスクア島の「近く」に到着します。

 

 

ここまで乗ってきた船では大きすぎるので

小さな船に乗り換えます。
sema22

 

 

足場が悪いですw
sema23

sema24

 

 

乗り換えた小さな船は20ペソかかりました。

5分ぐらいで到着!
sema26

 

セブからの船は「ロゴンビーチ」に到着します。

 

 

 

マラパスクア島からセブ島への帰り方

 

朝5時から、一時間おきにセブ行きの船が出ています。

 

到着した時と同じくロゴンビーチから

パブリックのボートで100ペソ。

 

 

現地の子供はビーチで寝てましたw
sema27

 

 

小型の船に乗るまでに海の中を歩きますw

サンダル必須ですね。
sema28

sema29

 

セブ島に到着した港は、マヤ港ではなく

その近くの名称不明の港でしたw

 

 

大きなバスは無かったので

乗り合いのBanでセブシティまで。
sema30

 

料金は170ペソでした。

 

行きと同じく4時間ぐらいかけて

ノースバスターミナル近くの

SMモールで降ろされます。

 

ちょっと行き方がしんどいですが

それでも行く価値があるぐらい

マラパスクア島は美しいのでおすすめです!

 

 

世界中の絶景を空撮する仕事

 

僕は旅が好きなので
普段から日本国内、世界中を旅しています!

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃にパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

今では趣味のドローンを使って空撮するのが
仕事になってきました。

あなたもこのような自由な生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

 

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ