人生の素敵な事は、だいたい最後のほうに起こる

どーも、
こんにちは!

MASAです。

今日は短めこのお話を。

この人物は、
22才で事業に失敗する。

23才で州議会議員選挙に落選する。

25才で再度事業を起こすが大失敗。

26才で愛する恋人の死に直面する。

27才で精神病になる。

34才からは5年間に3度も下院議員選挙に落選。

46才で上院議員選挙にも落選。

47才で副大統領になろうとするが、失敗。

49才でまたも上院議員選挙に落選。

しかしながら遂に、

『51才』で、

見事アメリカ合衆国大統領となる!

この人物の名は、
歴代合衆国大統領で
最も愛され、支持され、
今もなお尊敬されている、

アブラハム・リンカーン

きっと僕らは彼ほど失敗をしていないし、

彼ほど恥もかいていない。

彼ほど失ったものは多くない。

なのにリンカーンは最後には偉業を成し遂げた。

こんな苦境で大統領になるのに比べたら、

僕らの多くの夢や目標が達成出来ないわけはありません。

使い古された言葉ですが、

『一度の人生』

欲張らずに、悪あがきせずに、
夢を叶えようとせずに、

一体どうするのでしょうか?

幸いな事に、僕たちの人生は
『無制限、チャレンジし放題』
です。

何度失敗してもチャレンジの門は
開かれていて、

僕たちはその門をぐぐる勇気があれば
何度でも挑めます。

どんなに現状が
思い通りに行かなくても、
悔しい思いをしても、
悲しい思いをしても、

人生の素敵な事はだいたい最後のほうに起こる

 MASAmain

ということで

今日はここまでっ!!

感謝と心を込めて

MASA

zp8497586rq
サブコンテンツ