rc06

バンコクでおすすめのカフェ【雰囲気重視編】

 

バンコクは東京よりも

「美味い」コーヒーに対する熱気がすごいです。

 

「美味い」という定義は

サードウェーブコーヒーに代表するように

本当に美味しいコーヒーのことです。

 

ここではスタバは「美味しい」カフェではなく

「手軽な」カフェという定義です。

 

てなわけで、

前回のROOTS COFFEE ROASTER

に引き続き、

バンコクの美味いコーヒー屋をレポートします!

 

今回は、特に店内の雰囲気が良かった

お店のレポートです!

 

味重視のカフェ編はこちらからどうぞ)
 

 

おしゃれノマドワーカーにおすすめ!? Rocket Coffeebar S.49

rc01

 

 

かなりおしゃれで

北欧な雰囲気だなーと

感じていたら

どうやら本当にオーナーはスウェーデン人とのこと。

どうりで!笑
rc02

 

 

二階は吹き抜けになっています!
rc03

 

 

駅から少し遠いので、

いかにもの観光客が少ない感じがしました。

 

おしゃれなヨーロッパの方々と

おそらく駐在の日本人奥様がちらほら。

 

店員さんもいい雰囲気。

しかもWi-Fiめちゃ早かったです!(ここ重要)

思わず2時間ぐらいパソコンで

仕事をしてしまいました!笑

 

 

丁寧に抽出したコーヒーを

ポットごと持ってきてくれます。
rc04

 

 

そのまま店員さんが注いでくれます。
rc05

 

 

まるで紅茶のようなポット式なので

1,5杯分ぐらいありました!お得です!笑
rc06

 

 

色は赤め。
rc07

 

ライトボディであっさりでした。

 

 

スイーツも♪
rc09

 

 

「Piman49」という

屋外のモール?的なところにあります。
rc10

 

歩いて10分以内ぐらいでした。

 

■Rocket Coffeebar S.49

住所:46/、Soi Sukhumvit 49/12、Khlong Tan Nuea, Watthana、Bangkok 10110 タイ

グーグルマップのPINへ飛びます。

 

 

 

アットホームなおしゃれな喫茶店!?「I am coffee」

 

 

こちらも少し駅から歩きます。
iam01

 

お店はこじんまりとしていて

店内はアットホームな雰囲気。
iam02

 

 

おすすめは正統派のエスプレッソラテです。
iam03

 

 

ここもWi-Fiが早い(笑)
iam04

 

 

お客さんは、圧倒的に

ヨーロッパ系の方がほとんど。

 

アットホームにのんびりするのがいいですね。

 

 

■I Am Coffee
住所:Silom 2/1、Silom, Bang Rak、Bangkok 10500、タイ

グーグルマップのPINへ飛びます。

 

 

 

染物屋の一階がカフェ!「Blue Dye Cafe」

 

 

こちらもなかなか個性的で面白い雰囲気でした。
blu01

 

 

二階が染物屋で

その一階部分がカフェ。

 

カフェのエリアにも作品?商品?

と思わしきものが置いてありました。
blu02

 

 

店内はかなり個性的です!
blu03

 

 

ここのお店の客層は

タイ人の若者が多かったです。

 

店の前のテラスでは

ギターを引き語りしている人がいたり

かなり自由な雰囲気w
blu04

blu05

 

 

雑然と本が置かれていて

よく見たら見城さんの本がありましたw
blu06

なぜここに出版界の大御所の本がww

 

 

こちらでもフィルターコーヒーを注文。
blu07

 

 

木のトレイに水も乗っけてサーブしてくれます。
blu08

blu09

blu10

 

 

高層マンションの裏側にあって

少しわかりにくいですが、

おすすめです。

 

■Blue Dye Cafe

住所:10110、40/1 Soi Sukhumvit 36、Khlong Tan, Khlong Toei、Bangkok 10110 タイ

グーグルマップのPINへ飛びます。

 

 

世界中の絶景と美食を求めて

 

僕は旅が好きなので
普段から日本国内、世界中を旅しています!

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃にパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

今では世界中の美味しいものを求めて
好きなだけ旅をしています。

あなたもこのような自由な生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

 

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ