rt07

【サードウェーブコーヒー】バンコクのカフェ「ROOTS COFFEE ROASTER」の豆の味の深みが凄かった!

 

バンコクは、知る人ぞ知る

サードウェーブコーヒーが超人気です!

 

今回、バンコクのサードウェーブコーヒーの

記事を書くために

3日間で10件のお店を巡りました。

 

日本のサードウェーブコーヒーのお店よりも

こだわり強く、美味しいんじゃないか?

と、感じるほどのお店が多く

どれも素晴らしいクオリティのお店だらけでした。

 

もう、スタバとか行けなくなるレベルですw

 

ということで、順次

バンコクでオススメのサードウェーブコーヒーを

紹介していきます!

 

雰囲気重視編のカフェ編

味重視のカフェ編
 

 

豆の深い香りが素晴らしい「ROOTS COFFEE ROASTER」

(※2016年4月お店の場所が移転してます!!)

 

「変化球なしの、硬派なコーヒー屋で

お金はチップボックスに自由に入れる」

 

と触れ込みに興味を持ち

ネットに記載されている住所を頼りに

エカマイsi15のお店へ行ってみました!
rt01

 

 

お店に入ろうとすると、、、

 

 

rt02

 

 

移転しとるやん!!w

 

地図を眺めると

どうやら近くなので歩いて向かいます。

 

 

 

ついた!
rt03

 

 

どうやら新しくできた

複合施設の一角にルーツコーヒーロースターが

入っているようです!
rt04

 

 

 

場所はトンローにあるのですが

アソークやサイアムよりも

ローカルな感じでありながら

明らかにオシャレな人が多いです!
rt05

 

 

お店がありました!
rt06

 

 

ここが新しい「ルーツコーヒーロースター」です!

 

以前はチップ制だったようですが

ここでは普通のお店のように値段が決まっていました。
rt07

 

 

ここのシグネーチャーコーヒーは

正統派のフィルターコーヒーです。

 

(タイでは「アメリカンコーヒー」とか

「ブラックコーヒー」と呼ばずに

「フィルターコーヒー」と呼ばれています)
rt08

 

 

 

奥の方のカウンターで

スタッフが丁寧にコーヒーを抽出しています。

 

 

やってきました。

フィルターコーヒー120バーツ(約400円)
rt09

 

 

飲む前から

コーヒーの香りがすごいです。

 

 

飲んでみると、

「コーヒーに、更にコーヒーシロップ入れたんちゃう?」

ってぐらい、コーヒーの味と香りが濃厚です。
rt10

 

 

味が濃いのですが

下に苦味が残ることなく

サラッと流れていく感じがします。

 

 

一番最初にバンコクで飲んだ

サードウェーブコーヒーがこれでしたが

いきなり先制フックを入れられた感じです。

 

 

コーヒーの豆も売ってます。
rt11

 

 

レジ前のオブジェがかわいい。
rt12

 

 

コーヒーにオレンジを入れて

炭酸水を混ぜるアイスコーヒーを

テイクアウトする人も多く見かけました。

 

次回はそれにチャレンジしようと思います!

 

店の前にベンツ、BMW、レクサスなどの

高級車を乗り付けて買っている人が多かったですw
rt13

 

 

 

■ROOTS COFFEE ROSTER
(ルーツ コーヒー ロースター)

住所: 17 ถนน สุขุมวิท、Khlong Tan Nuea, Watthana、Bangkok 10110、タイ

ROOTSの入っている商業施設の住所: 335 (Thonglor 17)、55 Sukhumvit Rd、Klongtan Nue, Wattana、Bangkok 10110 タイ

グーグルマップへ飛びます。

 

 

世界中の絶景を空撮する仕事

 

僕は旅が好きなので
普段から日本国内、世界中を旅しています!

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃にパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

今では趣味のドローンを使って空撮するのが
仕事になってきました。

あなたもこのような自由な生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

 

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ