mp20

マチュピチュ遺跡で8時間晴れ待ちした結果ww

こんにちは!

MASAです。

 

前回の記事、クスコからマチュピチュ村へ列車で向かった!

無事マチュピチュ村に到着した僕。

 

 

いざ、マチュピチュ遺跡へ行きます!

 

 

〜早朝5:30〜

 

まだ真っ暗な中、

マチュピチュ行きのシャトルバスに乗るための

長い長い列ができています!
mp01

 

 

次から次へとやっていくバスに

どんどん詰め込まれて出発です!
mp02

 

 

30分間ぐらい、ジグザグと山を駆け上がり

マチュピチュ遺跡入り口に到着!

 

すでにだいぶ明るくなりました!
mp03

 

 

ゲートでチケットとパスポートのチェックを通過して、、
mp04

 

 

あらかじめ調べておいた

遺跡を一望できる場所へ一目散に向かいます!
mp05

 

 

早朝6時に遺跡へ入れるので

すぐに行けば日の出に照らされた遺跡が

見れることもあるらしいので

ウキウキで登っていきます!

 

 

そしてついに!

 

 

 

やっと!

 

 

 

あの!!

 

 

念願の

 

 

 

マチュピチュ遺跡を

 

 

 

 

一望です!!!

 

 

 

どーーーーん!!!!!

 

 

mp06

 

 

 

!!!!!!!!

 

 

 

全っっったく見えねー!!!!

 

 

 

え、、、
mp07

 

 

 

嘘でしょ!?

 

 

ねぇ、

 

 

お願い

 

 

 

嘘っていってよぉぉぉぉおおおおお

 

 

 

という、、、

結婚直前に、婚約破棄された勢いで

膝から崩れ落ちました。。。。

 

 

霧しか見えないじゃん。

 

 

そして瞳からは

霧が集まったような

生暖かい液体が頬を伝いました。

 

 

 

まじか。。

 

 

おれ、

霧を見るために数十万払ったの!?

 

 

霧なら北海道の摩周湖、

通称「霧の摩周湖」

あそこに任せておけばいいよ!

 

 

 

たまーーーーに、

うっすらと見える瞬間がありますが、、、
mp08

 

 

 

というか本当にマチュピチュなのか!?

 

そんな疑いすら出るレベルで

全く見えず

 

真相は闇の中ならぬ霧の中。

 

 

 

まっっっっったく見えまてん。

 

 

mp09

 

 

下手すると、隣に座っている人の

顔すら認識できません。

 

 

 

そんなはずじゃ。。。。。

 

 

 

基本的にノープランの旅なので

晴れの日まで待つということは

可能っちゃ可能なのですが、、、

 

 

本日、ラパスへ戻る列車も予約したし

今夜のラパスのホテルも予約したし

そのまま翌日ウユニ塩湖へ行く飛行機も予約したし、、、

 

 

いつもの僕らしからぬ

予定に予定を重ねた

ミルフィールのようなスケジュールに埋もれています。。。

 

 

 

「今日しかチャンスはない。」

 

 

 

そしてなにより

自称「晴れ男」で

今までやってきたプライドがあります!
(え、そうだったの?)

 

 

こうなったら

マチュピチュよ。

 

とことんオマエと腹を据えて向き合ってやるよ!!

 

 

ここから僕とマチュピチュの

長い我慢比べが始まります。
(知らねーよ)

 

 

ひとまず、

ガチで晴れそうにないので、

マチュピチュ遺跡を手探りで散策します。

 

 

気晴らしに

マチュピチュ遺跡内にたくさんいる

リャマを撮影してみたり。
mp10

mp11

 

 

晴れてたらバックには遺跡が広がって

リャマといい感じのショットになるけど。。。

残念な図
mp12

 

 

 

遺跡内を散策しても

数メートル先までしか目視できません。
mp13

mp14

無念。。。

 

 

ですが、諦めません!

 

見晴らしのいいらしい場所に

腰をかけやすい大きな石があったので

じっと座り続けます。

 

ひとまず、

この無念な気持ちを晴らすために

ツイートしてました

あぁ。哀愁。

 

さらに1時間。。。

 

 

おや!?

 

ちょと見れた!!
mp15

 

いや、、、

しかし、

こんな程度で

「マチュピチュ遺跡行ってきた!」

 

なんて言っても

 

「曇り空乙wwwwww」

 

とか言われるのが

関の山です。
(山だけにね)

 

 

まだまだ

晴れると信じて

辛抱強く待ち続けます!

 

 

すると次第に、、、、

 

 

 

おや?
mp16

 

 

 

おやおや!!!
mp17

 

 

 

おやややや!!
mp18

 

 

めっちゃ晴れてきた!!!

 

 

さらに場所を変えると
mp19

 

めっちゃはっきり見えます!

 

 

最終的には

マチュピチュ近辺の山だけ

雲がなくなって快晴です!!!

mp20

 

 

見たか、晴れ男のちから!(冷汗)

 

 

雑誌やTVで見たあの景色が

自分の眼下に広がっています!

 

 

当たり前かもしれませんが

写真で見るのとは比べものにならないぐらい

大迫力で大パノラマで

なんか、すげーなぁーとため息が出ます。

 

 

監視員のおっちゃんも

思わずニッコリ^^
mp21

 

 

晴れる前からずっと座って待ってた絶景スポットなので

隣では写真撮影の列ができていましたw
mp22

 

 

並びすぎて、韓国人のおっちゃんが

「ひとり2ショットで交代な!」

という、独自ルールを作っていましたw

 

 

数千メートル級の山々が、上から下まで
くっきりと観えます!
mp23

 

 

マチュピチュ遺跡もすごかったけど

その周りの山々の迫力もすごいです!
mp24

 

 

山の麓の濁流の川もハッキリ観えます!
mp25

 

 

晴れたので遺跡内を散策します。
mp26

 

 

段々畑が美しい
mp27

mp28

mp29

mp30

 

 

ぱっと見は石を積み重ねただけのように見える階段

バランスを保ってうまく作ってますなぁ
mp31

 

 

スタッフも大人数いて

雑草を切っていたり

石に挟まった砂などを取り除いたり

かなりこまめにメンテナンスされているようです!
mp32

 

 

歩き疲れたので、天空の原っぱで休憩します。
mp33

 

 

ここもなかなか見晴らしがいいです!
mp34

 

 

いい写真を撮りたいけれど、、、

韓国のおばちゃんたちが

なかなか避けてくれません。。。
mp35

 

 

なので、僕も一緒に撮影しちゃいます!

 

ハナ、トゥル、セイ!
(韓国語 はいチーズ)
mp36

 

 

もし、おばちゃんがこの記事を見ていたら

連絡くださいね!

原画あげます!

 

 

そんなこんなで

気がついたら、

一度もトイレへ行かず、食事もとらずに

8時間以上、マチュピチュ遺跡に滞在していましたw

 

 

帰りのシャトルバスからも

マチュピチュ遺跡が少し見れます!
mp37

 

 

さて、夕方になったので

列車でクスコまで戻ります!

駅では、伝統楽器?的な演奏が

いい感じにされています!
mp38

 

 

帰りの列車でも、行きと同様に

軽食がサービスされます。
mp39

 

 

お腹も膨れたところで、

みなさん、マチュピチュの疲れでウトウト。。。

 

 

 

と、

思いきや!!!

 

 

いきなり、大音量で音楽が流れ始めます!!!

 

 

そして、

 

mp40

 

 

謎のお面を被った人が踊り始めます!
(多分列車のスタッフ)

 

 

ウトウトしていた人は

この爆音と踊りで叩き起こされることになります。

さすが、空気を読まない南米

 

 

しまいには、乗客を巻き込んで踊り始めました!
mp41

 

 

近くに座っていた

日本人の女の子が餌食になっていましたw
mp42

 

 

続きまして、、、、

 

 

駅員による、

ストールやジャケットの車内ファッションショー&販売です!
mp43

 

 

軽快なリズムで狭い車内を歩き回りますw
mp44

mp45

 

 

なるほどー、

これを売りたくて、大音量で踊って

寝かせなかったのか!と、分かってきましたw
mp46

 

 

最後は決めポーズで

ジャン♪
mp47

 

って、寝かせてくれ!!!

 

 

その後、カートに今着ていた服を乗せて

そのまま販売してましたw
mp48

 

 

まぁ、眠たかったけど

なかなか面白かったです!

 

 

というわけで

一度はマチュピチュ遺跡へ

「列車で」行くのをオススメします!

 

マチュピチュ遺跡は入るのは

あらかじめ予約してチケットを

手に入れておく必要があるので

ご注意を!

 

ありがとうございました!

 

 

世界中の絶景を追いかける生き方

 

僕は旅が好きなので
普段から日本国内、世界中を旅しています!

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃にパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

あなたもこのような自由な生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

 

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ