cusco03,1

ペルーのクスコで散歩したら息切れハンパなかった!

こんにちは!

MASAです。

 

日本人にも大人気の世界遺産

マチュピチュ遺跡へ向かうべく

中継地点でもあるペルーのクスコへ

滞在したときのレポートです!

 

 

 

市街地そのものが世界遺産の街、クスコ!

 

クスコに到着して

標高が高いので息切れをしながら

街をぶらり散策しました。

 

街そのものが世界遺産になるだけあって

とても美しいです!
cusco01

cusco02

cusco03,1

cusco03,2

cusco03

 

クスコは標高が高いので

空がとても近くに感じました!

 

 

夜の風景もいい感じ!

cusco04

cusco05

cusco06,1

cusco06,2

cusco06

 

 

 

街の景観を崩さないように

お店の看板などは全て控えめになっています。

cusco07

cusco08

 

 

あのマクドナルドもアピール大人しめw
cusco09

 

 

街の野良犬は独特な色をしている犬が多かったですw
cusco17

 

 

 

クスコ名物「12角の石」

 

古代インカ帝国の時代に

いたるところに石壁を作ったわけですが

その巧妙さと技術がすごいと言われています。

 

その中でも有名なのが「12角の石」

らしいです。

 

ということで行ってみました!!

cusco10

 

 

だいたいの場所だけ確認して向かったのですが

人だかりができてるのでスグにわかりますw
cusco11

 

 

ありました。

cusco12

 

 

 

みたとおり12角形の石なので

この名前なのですが、

本当に12角あるのか数えてみました。

cusco13

 

うん、ありました!(当たり前)

 

という感じで

他にも観光スポットはあるようなのですが

なにせ標高が高い(3390m)

なので歩くだけで息切れしますw

しかもちょっと頭も痛いw

 

高山病かしら?

 

ということで

ホテルでコカ茶を飲んで安静にします。
cusco14

 

 

「あれ、コカ茶って、もしかして、、!?」

って思ったあなた。

正解です!(なにが?w)

 

日本では禁止されているコカインの

原料となるコカの葉をお湯で溶かして飲むのです!

 

コカの葉には高山病を防ぐ効果があるとのことで

はるか昔からコカの葉を噛んだりお湯に溶かして

飲んでる文化があるので、ペルーとボリビアでは

当然ながら合法です。

 

 

 

ホテルの朝食や、レストランなど

あらゆるところに平然と置いてあります。

cusco15

 

 

もっさりw
cusco16

 

 

コカ茶の味はハーブティーみたいな感じで

普通に美味しいです!

 

コカの成分は薄いらしいので

飲んだからといってラリったりクラクラしませんw

普通のハーブティーと言われても

気づかないかもしれないレベルです。

 

コカの葉のアメとか、

コカ食品が色々売っていました。

 

うっかり日本に持ち帰らないように注意しましょう!w

 

 

クスコからマチュピチュへのツアーの申し込み方法

 

cusco18

 

クスコから世界遺産のマチュピチュへ向かう方が

多いと思いますが、

オススメの行き方とツアーの申し込み方法です。

 

 

細かい行き方は他のサイトなどで詳細に書いていますが、

ざっくり言うと

 

クスコ→マチュピチュ村→マチュピチュ遺跡

 

という移動になります。

 

クスコからマチュピチュ村へは

乗り合いバスと鉄道で行けます。

 

鉄道はペルーレイルのオンラインサイトから

申し込むことはできるのですが、、、

 

なんせ、ここは南米!

まー、サイトがショボいショボいw

 

どんなに必要事項を記入してもエラーになり

なかなかチケット買えませんw

 

なので自己手配は面倒になったので、

クスコの街のそっっっこら中にある

ツアー代理店で申し込みます。

 

僕が予約してもらったのは

クスコからマチュピチュ村までの

乗り合いバスと鉄道の往復。

マチュピチュ遺跡の入場券。

 

何軒か代理店を回りましたが

だいたい同じ行程と金額でした。

 

観光客のしたいことや旅程は

みんなほとんど同じなので

希望の行き方やプランを言えば大体あります。

cusco19

 

 

高山病には要注意!

 

マチュピチュのあるペルーと

ウユニ塩湖のあるボリビアは

隣り合わせで近いので、

日本人の多くの方が

クスコ→マチュピチュ→ラパス→ウユニ塩湖

というルートを辿るのですが(もしくはその逆)

 

とにかくどれも標高が高いです!

 

■クスコ 3399m

■マチュピチュ 2430m

■ラパス 3593m

■ウユニ塩湖 3600m

 

富士山の山頂の標高が3776mですので、

ウユニ塩湖なんて、ほぼ頂上と同じ高さです。

 

ということで高山病予防の薬は必須です!

 

薬はクスコでもリマでも売ってますが

僕はリマの空港の薬局で買いました。

 

Acetakってやつ。

cusco20

 

このパッケージを画像保存して

薬局の人に見せたらソッコー処方してくれました!

 

日本では「ダイアモックス」という薬品名です。

 

病院で処方箋がないと処方してもらえないので

面倒な方はペルーで買ってもオッケーでしょう。

 

朝、夜、1錠ずつです。

 

一応成分表。

cusco21

 

クスコの空港の広告ではこの薬
sorojchi pills
cusco22

 

これが宣伝されてますし、

薬局でも大量に売っていますが、
(むしろ、こっちを押してるぐらい)
cusco23

 

成分は、ただの頭痛薬なので

高山病に直接は効かないのでこちらは微妙w

 

ということで

次回はクスコからマチュピチュ村へ列車で向かった記事です!

 

 

世界中にある世界遺産を追いかける生き方

 

僕は旅が好きなので
普段から日本国内、世界中を旅しています!

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃にパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

世界中の世界遺産をこの目で見て
肌で感じるのも好きです。

あなたもこのような自由な生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

 

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ