ドイツのベルリンの壁と壁画アートを見てきた!(イーストサイドギャラリー)

こんにちは!

MASAです。

 

ドイツのベルリンで

今でも現存するベルリンの壁を見てきました!

 

歴史を知る上でも、観光スポットとしても

とても良かったのでレポートです!

 

 

歴史も知れる “ベルリンウォールメモリアル”

 

ありのままのベルリンの壁の実情が知れる
“ベルリンウォールメモリアル” です。
DSC01672

 

 

無料で登れる高台から、その当時のままの壁を
見ることができます。
DSC01670

DSC01676

 

壁と壁との間は30メートルぐらいあって

その間に脱走させないための罠や

警備兵の通路があったり

たくさんの仕組みと仕掛けがあったようです。

 

 

博物館なので

資料もたくさん展示してあります。
DSC01679

DSC01681

 

壁を超えてもクギがあって
脱走しにくくしたり。
DSC01678

 

 

ちょっとジャンプすれば超えれそうな壁でした!
これに分断されていたとは。
DSC01695

DSC01689

DSC01696

 

 

西ドイツ側を歩いてみます

 

分断されて、孤立していた西ドイツ側。

 

映画「戦場のピアニスト」の
映像を思い出します。

DSC01699

 

 

現在は特に悲壮感や暗い感じは一切なく

高級住宅やカフェやお店があり、

よくある街の風景と変わらない感じがしました。
DSC01702

 

 

このままベルリン市内を散歩します。

 

スカイツリーに似ている、テレビ塔w
DSC01710

 

 

ズラッと1km以上!壁画アートの「イーストサイドギャラリー」!

 

DSC01716

 

1km以上に渡って、世界各国の壁画アーティストが

風刺画やアートな絵を壁に描いています。
DSC01728

 

これがとても見ごたえがあり、おすすめです。

 

DSC01735

 

DSC01741

 

DSC01744

 

DSC01750

 

DSC01747

 

DSC01751

 

DSC01752

 

 

「独裁者のキス」と呼ばれる

旧ソ連のブレジネフ書記長と

旧東ドイツのホーネッカー書記長のキスシーン

この壁画アートで一番有名です。
DSC01754

 

DSC01755

 

DSC01739

 

DSC01746

 

DSC01757

 

DSC01760

 

 

途中のこちらの売店では
本物のベルリンの壁の破片が売ってました!
DSC01758

 

 

意外なほど薄い壁。
DSC01764

 

 

メルセデスベンツの巨大なオフィスもあります。
さすがドイツ!
DSC01729

 

そのままずっと歩いてOstbanhof駅へ。

 

Ostbanhof駅に売っているフランクフルトうまい!

さすがドイツw
DSC01765

 

 

全体的な印象としては

負の遺産のハズなのですが

そんな暗い印象はなくて、

どちらかというとポップで明るい雰囲気でした。

 

日本の戦争の資料館などは

ずっしり暗く重い気持ちになりますが

そういうのが苦手な方でも楽しめると思いました。

 

とはいえ、

自分の人生が壁一つでメチャメチャになったことを考えると

とても恐ろしい歴史ですね。

 

非常に印象的なスポットでした!

 

 

世界中を好きなだけ旅する生き方

 

僕は旅が好きなので
普段から日本国内、世界中を旅しています!

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃にパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

あなたもこのような自由な生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

 

サブコンテンツ