マレーシアのランカウイ島で猫まみれ!(行き方、オススメ、ホテル)

どうも、

MASAです!

 

マレーシアのランカウイ島へ行ってきました。

 

ランカウイ島で宿泊したホテルが素晴らしく良かったのでレビューです!

 

 

1、ランカウイ島の場所と行き方

 

■ランカウイ島の場所

この辺です。
laImage

タイとマレーシアのギリギリのところです。

この後、船に乗り1時間で着く、タイのリペ島に行きましたが、

この2つの島がめちゃ近いのに時差が1時間あるのが変な感覚でした!

 

 

■日本からランカウイ島の行き方

日本からランカウイ島への直行便は無いので

クアラルンプール、シンガポールあたりで乗り継いで行きます。

 

僕は日本から全てマレーシア航空で行ったので

クアラルンプールでトランジットしました!

 

日本からクアラルンプールまでは7時間ぐらい。

クアラルンプールからランカウイ島までは飛行機で1時間ぐらいです!

 

ランカウイ空港
la01Image

 

ランカウイ空港にはボーディングブリッジがないので
このような感じで直接機内へ乗り降りします。
la02Image

 

 

■ランカウイ島内の移動

島内はタクシーかレンタカーなどの車移動です。

電車は存在しません。

 

タクシーにはメーターがついていないので、

東南アジア特有の、ボッタクリ金額からの値下げバトルか!?

と、構えてましたが

距離によって金額が決まっているようです。

 

なんどもタクシーに乗りましたが、

最初から適正価格を提示してくれるので楽チン。

 

 

2、半分外でシャワーのヴィラ型ホテル「Villa Molek」

 

タクシーに揺られてホテル到着です。

ヴィラ型のホテル、ヴィラモレックに滞在しました。

 

グーグルマップだと、山中の間違った場所が表示されているので

このホテルへ行かれる場合は

ブッキングドットコムのサイト上で地図を確認したほうが良いです。

 

ホテルの人と目が会った瞬間に、

何も言っていないのに僕の名前を呼ばれてびっくりw

10部屋ぐらいのプライベート感満載のホテルですし

アジア人は僕だけだから分かったみたいw

 

ヴィラのお部屋の中はこんな感じ!
la09Image

la07Image

la10Image

la11Image

なかなか良い感じです。

 

 

そしてシャワーとトイレは、、、

la06Image

la12Image

 

ほぼ外やんけ!!w

 

 

部屋の案内をしてくれたスタッフは

「シャワーでライトを点けちゃうと、モスキート(蚊)が来るから気をつけてねー!ハッハッハー」

ですってww

 

実際シャワーに入っても蚊は出現しなかったので、まぁ良かったですw

 

 

アメニティもなかなかです。

全部ロクシタンでした!
la15Image

la05Image

 

 

フルーツやお菓子もご自由にどうぞ!らしいです。
la13Image

la14Image

 

 

東南アジアのホテルあるある
「ノードリアン!」
la30Image

 

 

3、朝から猫まみれ

 

さて、ヴィラの朝食です。

la16Image

la17Image

 

 

なかなかバラエティー豊かで、美味しいです!

la20Image

 

緑色のガヴァジュース
la18Image

 

 

朝食も半分外の作りで、風に吹かれながら食べます。
DSC03067

 

 

僕の席にヌコ様がいたのでどけていただきました。
DSC03070

DSC03069

 

 

さて、食事のあとは

 

テラスでMacbookを開いて

 

少しお仕事を、、、

 

 

la23Image

la22Image

 

って、

仕事にならにゃいわ!!!

 

la21Image

 

「mmmmmmmmmmmouhibhakhuのばいいぇwかんぉpんんんっっっっっっっっっっb」

by猫

 

だそうです!!

 

僕のサンダル食べられましたw
DSC03078

 

かわええのぉ。
DSC03074

 

テラスからは水牛も見れます
DSC03083

 

 

このホテルからビーチまでは徒歩4分でしたし
レストランやコンビニも多いので何かと便利でしたっ!
DSC03084

 

 

次回はランカウイ島最大の名所(笑)
ケーブルカーと吊り橋に行ったレポートです!

 

 

世界中のホテルを泊まり歩く

 

僕は旅が好きなので、このように
普段から日本国内、世界中を旅しています!

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃にパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

あなたもこのような自由な生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

 

サブコンテンツ