br01

ブルネイ王国の「7つ星ホテル」エンパイアホテルに泊まってみた!

どーも!

MASAです。

 

世界にたった2つしかない7つ星ホテル

そのうちのひとつ

ブルネイ王国にある

エンパイアホテルに宿泊したので

そのレビューです!

 

 

 

 

1、そもそも「ブルネイ王国」って??

 

日本人からすると知名度低めの「ブルネイ王国」

場所はこのへん。
000011293

アジアです!w

国土がマレーシアに囲まれております!

日本からわりと近いw

 

「王国」と名のつくぐらいなので

王様が中心の国です。

 

(ホテルの新聞で国王発見。
右側のアイアンマンに似てるイケメンが国王ですw)
br25Image

 

この国王がなかなかブッ飛んでおられます。

・生きながらにして国のお札の顔
・立法、司法ともに絶対権力者
・3人の妻をもち、男5人、女7人、計12人の子供たち
・個人資産200億ドル以上
・マイケルジャクソンのライブを国で無料で開催しちゃう
・高級車のコレクション5000台以上
・自家用ジェットはジャンボジェット

 

と、まー

ありったけの金と女と名誉を手に入れて、、、、

 

「どんだけリア充やねん!!!」

っと、膝を叩きたくなります。

 

しかし過去に1億9000万円の振り込め詐欺に遭ったらしい。

国王が振り込み詐欺に遭うってww

 

ブルネイ王国の最大の産業、

天然ガスがジャブジャブ採れまくるので

アラブの王族以上のお金持ちだそうです。

 

 

2、世界に2つだけの7つ星ホテル

 

世界中のホテルが星の数でランク付けされてるわけですが、基本的にはホテルのランクは5つ星までです。

しかし、例外中の例外で、世界には2つだけ

7つ星」のホテルがあるのです。

 

ひとつは、ドバイにあるバージュアルアラブ。
2ab1cad5

 

そしてもう一つが、今回僕が宿泊した

ジ エンパイアホテル(The Empire Hotel & Country Club)
br01

 

このホテルは国王が友人を招待するために作ったとされるホテルだそうな。

(友達何千人来るんだよ!)

 

 

2−1、エンパイアホテル内

 

タクシーにてホテルへ到着すると、
軍人らしき人がたくさん。
br01Image

 

この人たちも国王の友人でしょうか?w

 

12時頃にホテルへ行ったので

「チェックインまでモウチョトマッテ〜」

とのことなので、ホテル内を散策します。

 

エントランスのシャンデリアは
スワロフスキー社に特注でオーダーした
世界に一つだけだとか。
br02

 

国王さん、スケールでかすぎw

br06Image

 

ホテル内の写真を、、、
br03

br04

br05

というか、広すぎて写真に入りきらないw

 

ホテルの装飾のゴールドは18金だそうな。

 

ところどころに大理石を埋め込んでみたり。

 

 

さて、このお店に入ってみます。

 

 

高級なブティック?
br03Image

 

シャネル?

 

ヴィトン?

 

グッチ?

 

 

いやいや、、、

 

 

チョコレート屋です!

 

ナプキンにまで、エンパイアホテルのロゴがw

 

 

まだ時間があったのでプールでのんびりします。

めっちゃ広いw

 

「ドゴッゥ!!」
br09Image

 

 

2−2、エンパイアホテルのお部屋

 

さて、時間になったのでチェックインです。

ルームキーがオシャレw

br26Image

 

エントランスを出て、

カートで宿泊棟まで連れてってもらいます。

 

まぁ、普通かもw

 

ホテルの食事は写真撮り忘れw

バイキング形式でなかなか美味しかったです。

ちなみに、宗教的にブルネイはお酒が一切禁止されてます。

 

なかなか素晴らしい体験でした!

 

 

3、ブルネイのモスク

 

ブルネイ市内を散策します。

 

モスクが超美しい!
br06

br07

 

夜もいい感じです!
br08

 

モスクで三点倒立するサワさんw

 

 

世界中のホテルを泊まり歩く生き方

僕は旅が好きなので
このように普段から世界中を旅しています!

ホテルもエンパイアホテルのように
高級な7つ星ホテルから、
一泊数千円の安宿まで、
幅のある旅のスタイル。

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃にパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

あなたもこのような自由な生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

 

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ