世界一周、海外旅行者向けのお金の管理術(クレジット、両替など)

money

どーも、

MASAです。

 

海外へ行く際に、

お金(クレジットカード、両替など)

の管理に迷う方が多くいるかと思います。

 

そこで、30カ国、地球5周分ぐらいはしている僕の

お金の管理術をお伝えしていきます!

 

これがマスターできれば、どんな長期旅行でも

かなりリスクを抑えて、かつ、快適に旅ができます!

 

 

 

1、海外へ行く前の準備(銀行口座編)

 

オンラインでも使える銀行口座を開設します。

 

僕がオススメなのは

三菱東京UFJ銀行

楽天銀行

住信SBIネット銀行

この3つはオンラインで使える銀行口座として、とても便利です。

PCサイトでもスマホアプリでも

簡単に振り込みなどの操作ができます。

 

海外旅行だけでなく、

家賃の振り込みや、光熱費の振り込みなど、

毎回お昼休みにATMに並んで手続きをするという行為から

一生解放されるのでオススメ。

 

werwImage
楽天銀行のスマホアプリの画面。

 

三井住友銀行やジャパンネット銀行も

オンラインで使えるのですが、

トークンというセキュリティーツールが必要になります。

トークンを海外へ持ち歩くのは無くしそうだし、

邪魔なので海外向けではないです。
201308_6

 

 

2、海外へ行く前の準備
(クレジットカード、デビットカード編)

 

■クレジットカード

■デビットカード

この2つのタイプのカードが両方必要です。

 

デビットカードは見た目も使い方も
クレジットカードのように使えます。
case-para-card

 

デビットカード
は、クレジットカードのように使えますが

銀行口座に紐付いていて、

その口座に入っている残高分までが使える。

というもの。

カード発行の審査もなく、

使いすぎもありません。
(口座に入っている額が限度なので)

 

クレジットカードは
使った翌月に請求が来る「後払い」ですが

デビットカードは使った瞬間に
その金額が口座から引き落とされるので「今払い

という感覚です。

 

あとで説明しますが、このデビットカードが

クレジットカードよりも便利に使えるシーンがあります。

 

オススメのデビットカードは

三菱東京UFJ銀行

楽天銀行

この2つです。

 

クレジットカードについては、

3枚ほど持っているのが理想です。

 

3枚全てを常に使うというよりは、

■自動付帯の海外旅行保険

■よく使うカードの紛失などのリスクヘッジ

という目的で3枚以上あると安心です。

 

いろんなクレジットカード会社がありますが

基本的な考え方としては

■VISA×2枚

■アメックス or マスター がどちらか一枚

という感じが理想。

 

VISAカードが使えなかった国はないのでは?

というぐらい世界一グローバルで使いやすいです。

 

アメックスは自動付帯の海外旅行保険や

空港のラウンジが使えたりもするのでオススメ。

 

マスターカードはプリペイド式で、

あらかじめチャージした分だけ使えるというカード

扱いやすいのでオススメです。

 

さて!

ここまでが「準備」です。

重要なのはここから!

 

 

3,ほとんどの人がやっていない
「リスク分散管理術」

 

僕がいつもしている管理方法として

銀行口座、クレジットカードを

物理的にも金額的にも分散するということです。

 

物理的に分散するのは、「財布」と「カバンの中」のように、

カードの置き場所を複数に分けるということ。

財布が盗まれてもカバンに他のカードがあれば

なんとかなりますからね。

 

その次に重要なのが

口座の資金を分散するということ。

 

例えば上記の説明を踏まえて

三菱東京UFJ銀行(デビットカード有り)
楽天銀行(デビットカード有り)
住信SBIネット銀行

この3つの口座を持っていたとしましょう。

 

メインのカードが三菱東京UFJだった場合

それを

4(メイン)3(サブ)3(サブ)

ぐらいのボリュームで金額を分けます。

 

つまり

「バックアップとなる金額をサブ口座に入れておく」

というのが超重要です。

 

言葉にすると簡単なのですが

多くの人がこれを面倒臭がってしていないです。

メインの口座に9割以上入れてたりします。

 

そうすると、紛失や盗難などで口座をロックした場合

何もできなくなってしまいますよね。

せっかくの世界一周の計画や

旅のプランは全て台無しになります。

 

バックアップのサブ口座にそれなりに入っていると

緊急帰国するチケットを買うこともできますし、

もしくはサブ口座のお金で旅を継続できます。

 

また、海外のATMでは機械の不具合で

入れたカードが出てこなかったりw

日本では考えられない現象もごく稀に発生します。

 

なので、物理的にカードを分散するのは当然。

それにプラスして口座の金額も分散させましょう。

 

 

4、両替?キャッシング?どちらがお得?

 

原則的には両替よりもキャッシング(デビットカード)がお得です。

 

特に出国前の日本の空港で両替とかは、

考えられないレートの悪さなので

やめたほうがいいです。

最低でも現地の空港のほうがまだいいですが、

それでもレートはよくないです。

 

30カ国ぐらい旅しましたが

ATMでキャッシングするよりも両替がお得だったのは

タイの特定のお店ぐらいでした。

 

ATMでキャッシングも当然、

現地のATM使用手数料と、国際レートから数%

上乗せされた金額はかかりますが、

両替所でするよりは全然お得です。

 

なので日本円の現金を持ち歩くのは

何かあった時レベルの必要最低限の金額にして、

あとはデビットカードでATMキャッシングです!

 

デビットカードでのキャッシングなら

ATMで出金した瞬間に口座からお金が引き落とされます。

クレジットカードでのキャッシングと違い

「金利」という概念がそもそもありません。

 

なので海外のATMでキャッシングする場合は

クレジットカードよりもデビットカードがお得

ということです。

 

5、海外ATMでの出金方法

 

これは簡単です。

 

まずは日本のカード対応のATMを探すわけですが

ATMの看板に

このマークがあればVISAのカードでキャッシングOK
img04

 

このマークがあればマスターカードでキャッシングOK
cirrus

 

よっぽどのマニアックな国へ行かない限りは
ほとんどのATMでこのどちらかのマーク
もしくは両方があります。
DSC064911

 

対応のATMが見つかったら、カードを入れます。

 

多くのATMでは、言語選択があるので

「ENGLISH」もしくは「日本語」を選びましょう。

 

その次に項目がいろいろ出てきますが

英語なら下記をざっと理解しておけば簡単です。
スクリーンショット 2016-01-13 10.18.22

 

■暗証番号4ケタを入力して

■「WITHDRAW(引き出し)」を選択して

■引き出す金額を選択。

すると現地のお金が出てきます。

 

一度やってみると、簡単なのが実感できると思います。

 

ちなみに香港ではBitcoinのATMがありましたw
grewgImage

 

 

世界中を旅する生き方

僕は旅が好きなので
普段から日本国内、世界中を旅しています!

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃にパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

今では趣味のドローンを使って空撮するのが
仕事になってきました。

あなたもこのような自由な生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

 

サブコンテンツ