「奇跡のリンゴはもう観ましたか?」と「付加価値」の話。

こんにちは!

MASAです。

 

先日、

『奇跡のリンゴ』

の映画を観て来ました!

あなたはもう観ました?

マジで泣けます。

映画が終わった後は、みんなが鼻水をシュルシュルすするので
BGMのようになってましたww

 

本としても出版されているのですが、
青森でリンゴを作っている、木村秋則さんを主人公にして、

阿部サダヲ主演の実際にあった話の映画です。

 

農薬過敏症で、カラダの弱い奥さんのために、
完全無農薬のリンゴを作ろうとしますが、全然うまくいかず、

まわりの人からは

「絶対無理!」

「そんなのやめとけ!」

「結局自分の為じゃないか!」

と言われて

反対、否定をされながら、りんごは収穫出来ずに何年も無収入。

電気代も払えず、ご飯も買えず、家族と苦しみながらも、、、

10年以上諦めずに続けて

ついに、、!

 

っていうような話なのですが、なんだか、人間の深い心の部分を

シゲキされるような、こみ上げてくるものがあります。

今でも予告を観るだけでウルっときますw

 

主演の阿部サダヲが、かなりアドリブの演技をしていて、

電話BOXから家族に泣きながら電話をするシーンとかは

ほとんどアドリブらしいですが、これがまじでリアルでした。

収録していたスタッフもみんな泣いたらしいです。

なんか、この木村さんから比べたら自分にやってきている困難や、
うまくいかない事なんて全然可愛いもんだと思えますよ。

ということで、おすすめなのでよければどうぞ!

 

んで、

話は変わりますが、

リンゴつながりで、ある有名な話があります。

とある年に、青森県に台風が直撃して、
ほとんどのリンゴが飛ばされ、落ちてしまったりで、
全然売り物にならなくなりました。

 

例年の収穫量のたった1割しか
売れる物は残ってなかったらしいです。

 

ほとんどの農家の方は嘆き、困惑していました。

そりゃそうですよね。

収入が1/10になってしまうのですからね。

 

ですが、この局面でも
ある方法で乗り切ったアイデアがありました。

 

普通に売っては収入がいつもの1割になってしまう。

 

どうにかしないと収入がない。

 

どうにか、、

 

そこで青森の農家が考えた方法、、

 

それが、

 

 

「落ちないリンゴ」として販売した

img_4

↑↑↑コレ↑↑↑

でした。

金額は通常の数倍。

販売するターゲットは

『受験生および、受験生の家族、親戚』

これは買いたくなったり、プレゼントしたくなりますよね。

あの台風でも「落ちず」に残ったという縁起物として早変わりしたのです

 

そしてあっという間に完売。

金額は数倍になりましたが、もちろん味は例年のものと変わりません。

農家の人がかけた労力や材料費なども、例年と変わりません。

なのに、いつもの数倍高値で売る事ができた。

 

それはナゼか。

 

———————

『付加価値』を生む事ができた

———————

 

理由はこの一点です。

この「付加価値」というのがビジネスでは超超重要になります。

というかビジネスほとんどがこの付加価値で決まると言われています。

 

例えるなら、

ローソンでも

セブンイレブンでも

コーラは140円です。

ですが、

ローソンで購入すれば、ワンピースのフィギアがもらえる。

それなら、多くの人はローソンでコーラを購入しますよね。

 

本屋さんに数千円で売っているキムタクの写真集。

ですがこれがもしキムタク直筆のサイン入りなら、
数万円になってもおかしくないですよね。

 

普通に購入すれば、ただの1000円のCD。

ですがそこに

「総選挙応募券」

が付いていれば

普段CDを買わない人が購入したり、本来一枚しか買わないのに10枚も20枚も買う。

そうです、

『AKB戦略』

です。

 

このように少し意識して、自分の身の回りのものやサービスを振り返ると
『付加価値』だらけと気づくので、かなり面白いですよ。

 

【自分だけが出来る付加価値の提供】

 

これが今もこれからも更に求められてくる時代です。

 

ちなみに、日本で一番付加価値が高く付いているもの。

それは

『一万円札』

f0230689_1473091

↑↑↑昔よくやりましたよねww

 

なんです。

言ってしまえば、あんな紙切れ、ただの「日本銀行券」ですから。

日本銀行のチケットです。

原価は5円10円ぐらいの物でしょう。

 

ですが、

「これは1万円の価値のある紙だ!」

という

紙切れに対する付加価値を決めて、みんながそれを認めているから
一万円が一万円の価値でいれるんです。

これは少し経済の話で難しいので、またの機会があれば話しますね!

 

 

ということで

今日はここまでっ!!

感謝と心を込めて

MASA

サブコンテンツ