【星のや京都】に行ってきました!【レポート】

どーも、

MASAです。

今回は珍しく国内旅行レポートです。

 

京都の「星のや」へ泊まってきたのでレポートします。

「星のや」は日本中に展開する星野リゾートの
ラグジュアリーホテルのブランド名だそうです。

簡単に言うと、

「星野リゾートで一番お高いラインナップでっせ。」

って感じですね。

 

ということで、

 

【準備編】

まずは予約です。

そうだ、星のやへ行こう!」と決めたのが

20日ぐらい前だったので、

色んなツアーサイトやパックを探す暇なく、

そのまま星のやのHPより申し込みしました。

 

すぐに担当の方よりメールが来ます。

その際に、提携先の嵐山吉兆などでの夕食の予約や、

誕生日で宿泊するので、

何かサービスしてくださいな。

という要望を受けてくれます。

メールのやりとりは、

よくある予約サイトのテンプレート感がなく、

丁寧な返答で好印象でした。

 

 

【出発編】

さて、京都観光をして、いざ星野やへチェックインです。

ここ京都星野やの目玉は、船で旅館まで行く。

という、不便が逆にリッチでしょ?的なやつです。

 

まずは、旅館から離れた場所にある、船着場へ行きます。DSC01119

 

少しわかりずらいので、

いつもながら、場所も一応グーグルマップで載せておきます。

実際の場所は、この施設のすぐ左側です。

 

 

観光名所で有名な「渡月橋」のすぐ近くですね。DSC01135

 

さて、舟待合のお部屋で、15時の出発まで休憩できます。DSC01123

DSC01124

 

 

外が暑くて疲れたので、早めに行って涼んでいました。

15時になったので、出発です。

ここから舟に乗ります。DSC01116

 

船内はけっこう綺麗。DSC01151

 

「星のや」のハッピを着た、感じのいいお兄さんがゆっくり舟を進めていきます。DSC01154

 

後方のデッキに出て、外の風を感じてます。DSC01170

 

他の舟ともゆっくりすれ違います。DSC01172

 

そして到着!

こんな感じの船着場。

舟が着くのを、5人ぐらいのスタッフが待っていて、一斉に揃ったお辞儀をずっとしてくれていて、ビックリ!DSC01174

 

 

 

【滞在編】

舟が着いたら、担当のスタッフがきっちり案内してくれます。

僕ら以外に一緒に舟に乗っていたお客さんが7人ぐらいいたのに、

なぜか僕の名前を理解していますww

「◯◯様お待ちしておりました」

と、言われた時は、なぜ名前を分かった!!

って少しビックリしましたww

 

100年ぐらい前の建物(名前は忘れたw)を

改装して今の星のやとして使っているみたいです。

 

癒しのオーラ出まくってます。kt01
DSC01177

 

 

お庭では、楽器を演奏されています。
大自然とマッチしていていい感じです。DSC01176

というか、大自然過ぎて、
この方が虫に刺されないか心配になりましたw

 

 

さて、

お部屋へ。

入り口で履物を履き替えて、DSC01178

 

お部屋へ!kt02
DSC01181

 

 

ヒノキのお風呂!!DSC01187
DSC01188

 

 

アメニティーもいい感じ!DSC01190
DSC01191

 

 

ネスプレッソは無料でどうぞ。DSC01192

 

誕生日のお祝いくれました!DSC01185

 

 

30分に一回ぐらい、対岸ではトロッコが通りますwwDSC01312

 

舟待合の近くのオルゴール館で買ったオルゴールとwDSC01207

 

 

夕食は、嵐山吉兆本店へ行きました。

そのレポートはこちらです。

 

夜の星のやも素敵でした。kt03

 

 

 

さて、朝食です。

 

前日に指定した時間になると、
かなり大掛かりな準備をしてスタッフがお部屋に来てくれます。

 

男性のスタッフもやってきましたが、
お客の女性とは目を合わせなかったらしく、

寝起きの女性の顔は見ない。

という気遣いなのかなーと、
ホスピタリティーを感じました。

 

 

朝からめっちゃ豪華ですwDSC01300
DSC01297

 

 

非常に美味しゅうございました。DSC01309

 

朝食で約1万円払ったのは人生初ですw
いい経験になりました!

 

連泊したかったのですが、
予約に空きがなく、一泊のみの滞在でした。

「何もしない贅沢」という言葉が合う滞在です。

 

 

スタッフ全員が、
細かな気遣いをしてくださり、
さすがという感じでした。

 

そりゃ、高い金額なんだから。
と言ってしまえば元も子もありませんが、
高い金額を払う以上の価値を
感じれたので素晴らしかったです。

 

時間も気にせず高級旅館に泊まれる生き方

僕はこのように
普段から日本国内、世界中を旅しています。

時間もお金も気にせず、
行きたい時に、行きたい場所へ。

会社員の頃からパソコン1台で始めたビジネスで
自由を手にしました。

あなたもこのような生き方に
興味があればメルマガ購読をおすすめします。

MASAの無料メルマガ登録はこちらから

 

ということで、

ありがとうございました!

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ