「会社員は奴隷」なのか?

どーも、

MASAです。

 

結局のところ、会社員が会社員のままでは良くない。

というのが僕が色々経験した中での結論です。

会社員は奴隷です

って言われてもしょうがない。

 

やっぱ一生会社員のままっていうのはアカンでしょ。と。

 

その会社員の仕事が、他の仕事や遊びやプライベートよりもしたい事ならいいと思います。

・お給料が凄く安くても、美容師として髪を切っている時が、人生で一番幸せです。

・このオフィスワークをしている時が、遊んでいる時やテレビを観ている時より幸せです。

・このレストランで食事作っている時が、海外に遊びに行くより、友達とお茶している時より幸せです。

 

いや、その会社員のお仕事が、将来の自分の夢と結びついているなら、辛かろうがなんだろうがいいでしょう。

 

でもそんな人、日本に何人ぐらいいるんですか?

 

 

「できることなら」もっと昼休みに休憩していたくないですか?

「できることなら」朝に行きたくもない会社へ向かうのではなく、南国のビーチに向かいたくないですか?

「できることなら」嫌いなクソ上司と話すよりも、大好きな彼女と話していたくないですか?

 

心の底では、本当はそう思っているのに、

「いやー、、出来たらいいんだけどね、現実が、、」というお決まりのひと言で済ませようとするのは、

去勢された飼い犬と同じですよ。

 

会社におチン◯ン切られてますよ?

「会社というご主人」の言いなりじゃないすか。

 

いづれ機械化が進めば、そんな仕事に対して意欲の無い、去勢された人材なんて捨て去られますよ。

賃金の安い海外の人材を採用しますよ。

んで、「機械化反対!外国人雇用反対!」とかデモ行進するんすか?

 

 

というか、もっと根本的な話、

 

「本当は変えたい、出来たらそうしたい」とか思っているだけで、変えようとしない人に魅力を感じますかね?

そして、そういう人に限って、自由に生きていたり、お金を稼いでいる人を見てひがんだり、陰口を叩く。

 

たかだか20万ぐらいの「エサ」を与えられて、惰性で生きて、毎日が消化試合みたいなショボイ生き方の人が恋人なら、

そりゃ別れますよ。

そりゃ浮気しますよ。

 

僕は会社員の頃、

「このままじゃダメだ」って

ずーっと思ってました。

 

「ありのままの自分でいいじゃないか」

 

なんて、流行りのレリゴーな思考には一切ならなかったです。

会社員の自分に絶望してました。

したいことと、現実の差に絶望してました。

 

自由な生き方に憧れもしたけど、それよりも、自分自身の生き方が嫌で仕方なかった。

エアアジアのセールで、バンコクまで2万円で行けるのに、おれは行けない。

なんなだこの人生は!!!

って、昼休みに勝手にムカついてましたww

 

そんな絶望的生き方が嫌だったから、どうしたら変えられるか色々やってみました。

たまたま今は、お勤めしないで生きている事ができますが、

もし今の収入源が全て無くなって、貯金やお金を生み出す方法が全てなくなったとしたら、

最悪、会社員に戻るかもしれません。

だけど、絶対に一定期間で自由な生き方に戻ると思います。

根拠もないけど、その気概だけはあるのでそうなると思います。

自分がそんな生き方は耐えられないから。

 

 

こうやって書きながら思いましたが、

やはり「自分を動機づけるもの」が一番必要だなーと。

 

アメリカで生活を余儀されなくなったら、
1年もしたら絶対に英語での日常会話出来てますからね。

もしも一年後までに月20万円を複業で得られなかったら、自分の親が殺される。っていう謎の状況があれば、きっとほとんどの人が複業で月20万得られますよね。

 

そんな感じなんだなと思いました。

 

 

ということで今日はここまで!!!

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ