IMG_3185

【旅知識】国際線のイミグレーションで並ばない6つの方法

どーも、

MASAです。

 

国際線のイミグレーション、並ぶ事多いですよね。

ロンドンのヒースロー空港に着いた時は、「ここに立っている人はあと45分待ちね」というボードを見た時には、何かのアトラクションかと思いましたよ。
2014-05-13 14.47.48

 

ということで、多くの人がこのイミグレの時間を省略したいと思っているでしょうから、

イミグレーション攻略の6箇条をお送りします。

 

 

1、飛行機を降りてからトイレに行かない

これ、テッパン。

飛行機の中のトイレって、揺れるし狭いし清潔じゃない場合も多いから、なるべく使いたくないですよね。

だから飛行機を降りてから空港のトイレに行きたい。。。

その気持ちはよく分かります。、、、、が、、、ダメです。

 

これ、とんでもなく時間のロスです。

 

基本的に飛行機に乗る人って、旅慣れしていない人が半数以上ですから、みんな同じ事を考えます。

なので飛行機を降りて、そこから一番近いトイレに行きでもしたら、

トイレは並び、、イミグレでは更に並び、、、、という絶望的状況が発生します。

これでイミグレ最後尾はほぼ確定です。

なので機内で、離陸のシートベルトサインが点灯する直前に最後のトイレに行っておきましょう。

これだけでもかなりイミグレの列が変わってきます。

 

 

2、前方通路側の席を確保

これも飛行機から出る際に、前方から出るのと後方から並んで出るのでは結構違ってきます。

外の景色が見たくて窓側に座りたいのであれば、せめて前方窓側席がオススメです。

 

 

3、飛行機を降りたらとにかく競歩!

到着したらとにかく早歩きです。

ゆったり歩いている方や、乗った飛行機を記念撮影している人たちをごぼう抜きします。

 

どの国に行っても、だいたい到着の「arrival」の文字があります。

そこにロケットのようなスピードで向かいましょう。

 

 

4、イミグレカードは必ず機内で完璧に記入しておく

これも当然の対策です。

 

機内は狭いし、ペンをカバンから出すのも面倒くさいし、もしくはそもそもCAからイミグレカードをもらうの忘れてたり、、、

という事象が発生するとは思いますが、イミグレの入り口でせっせと記入していては、どんどん他のお客さんに抜かされてしまって、元も子もありません。

 

ぶっちゃけ、イミグレカードは「名前」「生年月日」「パスポートNo」「サイン」の項目がしっかり記入されていればあとは適当でもあまり何も言われません。(MASA調べによる)

 

逆にサイン、「Signature」の部分を書き忘れて、

「あっちで書き直して来い」なんてイミグレ受付で言われたら、残念ですからね。

サインの部分を忘れる方が多いので、要注意!!

 

 

5、イミグレのレーンによって並んでいる人種を見分ける。

さて、いざイミグレのレーンに到着すると、いくつかのレーンがあると思います。

そこでどのレーンに並ぶべきか?というのが、最後にして最大の難所です。

スーパーのレジでどこが早く進むか?という、あのおばちゃん発想と同じです。

 

ここ、イミグレーションにおいては

「並んでいる人種で判断する」というのが最大の見分けポイントです。

ここにMASA調べの人種調査を報告します。

 

まず、一番並ぶべきなのは「日本人が多いレーン」

万歳ニッポン。一番最高です。

だいたいの日本人は律儀であまりバカ騒ぎもせず、しっかり前を見据えて今か今かと緊張しながら並んでいますw

そして、自国ひいきではありませんが日本人は多くの国で信頼されているので、イミグレのチェックが短時間の場合が多いです。

ただし、ヒースロー空港のように、やたらと英語で質問される場合が多い空港の場合、英語の苦手な日本人が多いので逆に時間がかかってしまう場合もありますw

 

そして次に、「ヨーロピアン」の多いレーン。

ここも良いです。

ヨーロッパ諸国の方々も、しっかりとパスポートの自分の写真の項目を開いて待っている方が多い気がします。

また、国的にも信頼度の高い国が多いので、イミグレーションのチェックされる時間が短い傾向があります。

 

イチかバチか、賭けをしたいなら「中国人」の多いレーン。

「世界中で嫌われている旅行者」という汚名を被っている彼ら。

中国の方々はかなりタイプが様々です。

驚く程せっかちで前の人が終わりそうな素振りを感じたら、呼ばれてもいないのにイミグレの受付に突進していく人。

イミグレの受付に着いてから、カバンをごそごそしてパスポートを探す人。

並んでいるのが一人かと思ったら、後から来た仲間を列にズラズラ横入りさせてくるヤツ。

色々いますww

せっかちな人のレーンなら割と早いですが、突如、「横入り」という呪文で仲間を召還するかもしれないので、中国人レーンは懸けですw

 

そして一番並んではいけないのが「イスラム系」の人が多いレーン。

いや、人種差別をしているわけじゃないですよ。

人種によって区別しているだけです。

イスラムの方は律儀に並ぶ方は多いのですが、なにせイミグレでチェックされる一人当たりの時間が長い長いw

世界中で警戒されているのでしょうか?

男は真っ白な服に、あたまになんか乗せてて、女性は真っ黒の布を被って、目しか見えない。

そんな方々は一番時間かかります。

一人当たり1,5倍ぐらいの時間だと思って、列の長さをみて判断するといいでしょう。

 

 

6、イミグレの受付では、カメラをガン見。

さて、いざイミグレで自分の番が来ました。

そすると、パスポートを渡したら、そそくさと横にある顏認証のカメラをガン見していてください。

イミグレの職員も、いちいち「カメラみてくださーい」って言うのしんどいでしょうからね。

自らガン見していてくれたら、さっさと入国スタンプ押してくれます。

 

 

以上がイミグレ攻略法です!

イミグレを快適に通過して、よい旅を!

 

 

ありがとうございました

MASA

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ