toushi (1)

「先行者利益ビジネス」と「投資ビジネス」の罠

どーも、

MASAです!!

ネットでもリアルな繋がりでも、色んな「ビジネス」のお話を聞く事や
お誘いを受ける事がたまにあります。

その中で

「これに参加しちゃう人は残念だなー」

と思うビジネスがあるのですが、

それが、

  • 「先行者利益獲得ビジネス」
  • 「これからデカくなるから投資しとけビジネス」

この2つです。

 

ではまず、
「先行者利益獲得ビジネス」

 

これは、結果的には
「早く始めた人間が得をしました」という
結果論的な先行者利益なら良いと思うのです。

そういうビジネスは実際に多くあります。

 

ですが、先行者利益を全面に出した

「早くスタートしちゃえば、勝ち逃げできるぜ」

的な感じが非常に残念です。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが

「先行者利益」が一番のセールスポイントの
「先行者利益獲得ビジネス」というのは

「自分さえよければいい」

そんな臭いがプンプンします。

そんな自分さえ良ければいい人間ばかりが集まって出来るビジネスが
永く繁栄出来るとは考えにくいです。

 

そして、次

「これからデカくなるから投資しとけビジネス」

この話は直接的には僕に来た事はありませんが、

 

「こういう話をされました」

「こういう内容なので投資しました」

とかは聞きます。

 

これはハッキリいいますが、

「お金もスキルも人脈もノウハウも特にない、”超一般人”のあなたに、なぜそのようなデカい話が来るのでしょうか?」

 

本当にそんな「将来性のスゴい」話があって資金を集めたいなら、

なぜ「一般人」ではなくて、お金の持っている富裕層に話をしない?

なぜ投資家に話をしない?

たかだか数十万、数百万しか投資出来ない一般人より、
数千万、数億出してくれる富裕層、投資家なんて腐るほどいますよ。

せめてクラウドファンディングで資金調達すればいいじゃない。

なぜお金を貸したくて貸したくて困っている、銀行に融資の話をしに行かない?

少し考えれば小学生でも分かる話です。

 

そういう話を本当のプロにしても相手にされないから、

知識の無い「超一般人」をカモに “超ビックビジネス” がやってくるわけですが、、、

なんか、そういう話をする人や、そういう話に興味を持ってしまうのって

残念だなー。

と思うのです。

 

ちなみに、投資系に興味がある方はこちらの本がオススメです。

こちらの本を読んでから、投資を始めるかどうか考えた方がよろしいかと。

「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?」

 

投資に対して何も知識が無い人は、この本を読んでから投資をするか、どうするかを検討すればいいと思います。

 

中古でも売ってるので、数百円とかで買えますから。

 

ということで今日は少し尖ってみましたw

今日はここまで!

感謝と心をこめて

MASA

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ