img_a94b108cb0b4788c31516effd598aace5356547

「苦手」と「知らない」は紙一重

どーも、

MASAです!

 

これはですね、

過去の自分自身に対して一番言いたいのですがね、

ただ単に、やったことがなくてそのやり方を「知らない」だけなのに、

「苦手」と決めつけてしまう。

 

そして、そんな「苦手」で「できない」自分を、

「自分はダメなヤツ」と決めつけてしまう。

 

これって本当にもったいないなーと。

ボクは、、

 

  • イチからホームページを作成する事ができますし、
  • メルマガを配信する方法も知ってます。
  • 人を行動させるために、どう文章を書いたらいいのかも知ってますし、
  • どういう売り方をしたら、モノが売れるかも知ってますし、
  • 無料で人を集める集客方法も知ってます。

 

当り前です。

だってそれが仕事だから。

 

でも逆に、

  • サンマの味噌煮を作る事はできないし、
  • 患者さんに注射する方法も知らないし、
  • ワインのうんちくを語る事もできません。
  • 大型トラックも運転出来ないです。

 

当り前です。

やったことないから。

 

でも時間をかけて習得すれば、多分できます。

これって誰でもそうですよね?w

 

確かに、自分ができない事を、楽々やってしまう人をみると

すごいなー。と思うものですよね。

でも、根も葉もない事を言ってしまうと、

時間をかけて習得すれば、その技術は習得出来るものがほとんどですw

 

 

複業から始めて、自由に生きるには、インターネットを使った働き方が凄く良いです。

そのために、学ぶ事はそれなりの量があります。

ですが、学んでみると、特別な能力が必要なものなんて何も無くて、ただ知っていれば誰だってできるものです。

 

 

だから、「私には難しくてできなそう」とか、

「あの人は特別。あの人は凄いひとだから」

という、条件反射的に考えてしまうのだけは、もったいないですね。

 

 

と、過去の自分を思い出すと、そんなことを感じます。

 

ということで、

 

今日はここまで!!

 

感謝と心を込めて

MASA

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ