ダウンロード

結果を出してる人と比較して落ち込まなくていい理由

どーも、

MASAです。

 

世の中を見渡すと本当に多種多様な人がいますよね。

 

・めちゃめちゃ稼いでお金持ちっぽい人、

・すんごい旅しまくって自由そうな人

 

そして自分自身も誰かに憧れて
ビジネスを始めてみるのですが

99%のひとは最初思い描いた通りには
いかないのが現実です。

 

「あの人はあんなに成功してあんなに稼いで自由なのに、なんで自分は、、、」

 

とか責めたくなってTシャツのスソを

 

「イーーーっ!」

と噛み締めたくなるでしょう。

 

しかし、

そんな感情は持たなくていい理由をロジカルに理詰めで
お話しようと思います。

 

 

この「実力の差」をスポーツに置き換えてみましょう。

 

今年サッカーを始めた新入部員のあなたが

2年年上の先輩のプレーに憧れたりするでしょう。

 

そんな時に、多くの人は

「いつかは自分も!!」

と思うはずで、

「あの先輩は上手いのに自分はダメだ。」

と悲観的にはならないと思います。

それななぜか。

 

【明確な時間の尺度があるから】

ですよね。

 

2年年上の先輩の上手いプレーを見ると

「2年後は自分もそうなれるんじゃないだろうか」

という時間的観測ができます。

つまり目安がわかりやすい。

 

ですが、これが社会に出ると複雑で、

 

特にビジネスの世界になると、その尺度がとても複雑になります。

 

「ビジネスの経験が1年ある」とは言っても、

 

1日1時間を費やしてきたのか

1日10時間費やしての一年なのかも

全然違いますしね。

 

きっとSoftBankの孫さんやユニクロの柳井さんが

僕らのビジネスの世界に飛び込んできたら
一瞬で結果を出すでしょう。

 

それはモチロン資金力や経験、能力が
圧倒的にスゴい人だからですよね。

 

なので、つまりはむやみやたらに結果を出している人をみて
悲観的になる必要はない。

と思います。

 

 

運動神経の良い人はある程度のレベルまで
上達するのが早いですし、

どんなに運動神経なくてスポーツがダメでも

1,2年練習を積むと

経験のない新入部員よりは上手くなってますよね?

 

どんなにビジネス経験も知識もなくても、

コツコツ積み上げればそれなりに形になります。

 

 

問題はその結果が表面化するのが

1年後なのか5年後なのか。人によってそれはわからない。

 

僕も副業からビジネスを始めて会社員を辞めれるまで
3,4年かかりました。

 

 

ということで、今日はここまで。

また、メールします。

 

 

感謝と心を込めて

MASA

スペーサー スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ